特別招待講習は入学の検討材料にうってつけ!

 みなさん、こんにちは。今週から12月初めにかけて、各高校で期末考査が行われますね。南宮崎校には、3階の自習室を利用してテスト勉強に励む生徒が複数います。彼ら曰く、『東進に来たら、やらざるを得ないから!』なのだそうです。確かに南宮崎校の自習室は、座席数30席の“無言空間”です。とことん、自分を追い込んで、この期間を乗り切ってほしいと思います。

 さて、東進では現在『冬期特別招待講習』を実施中です。皆さんは、予備校や塾探しをするとき、何を判断の基準にしますか?“授業のクオリティ” “費用” “利便性” “校舎の雰囲気” 等々…これらを総合的に検討し、『ここでならがんばれる!』『ここなら任せられる!』と判断したところではないでしょうか?しかし、それらをたった1日の体験授業で全て知ることは難しいのではないでしょうか?

 冬期特別招待講習は、全65講座(1講座=90分授業×5コマ)のおためし講座の中から最大で3講座をセレクトできます。東進生と同じように、校舎に登校して雰囲気や授業の質、東進のシステムを知ることができます。

 実は、我々にもメリットがあります。それは、“要望をしっかり理解する”ことにより、“的確な提案を行うことが可能になる”ということです。例えば、塾を探している生徒さんが、『英語が苦手だから、何とかしたい』という要望で来塾したとします。しかし、この情報だけでは不十分です。学力状況は?文法?構文?長文読解?英作文?リスニング?教科書レベルの理解?大学入試対策?それらは、一朝一夕ではなかなか掴めません。

 お試し講座の受講期間中に何度も足を運んでもらい、生徒さんには東進と校舎を知ってもらう…。我々は、面談をさせていただき、生徒さんの学力や志望校、求めているものを理解させてもらう…そういったやりとりから、安心して入学をしていただく提案を行うことができます。

 いかがでしょう?この機会を上手に利用されてみませんか。お申し込みをお待ちしております。

7+